UA-29615907-2

Geopark, GSSP

GSSP (Global Stratotype Section and Point)

オルドビス系

02.jpg

赤文字部は,以下で紹介. Modified from Ogg et al. (2008)

IMG_0370.JPG

上部オルドビス系,HirnantianのGSSP

The Global Boundary Stratotype Section and Point (GSSP) for the base of the Hirnantian Stage (the uppermost of the Ordovician System)


中国湖北省宜昌市街 (Yichang) の北42 km, 王家湾 (Wangjiawan) 村 (30º 58’56”N and 111º 25’10”E) に設定されている.
 上部オルドビス系Hirnantianのベースは,筆石Normalograptus extraordinariusの初産出層準であり,正の炭素同位体変動の開始に対応する.
(参考文献) Chen, X., et al. 2006, Episodes, v. 29, p. 183-196.

IMG_0376.JPG

Ordovician/Silurian 境界 (スケールの先端辺り).巻き尺中,Hirnantian.
Hirnantianは,顕生代の中でも最大規模の生物の大量絶滅事変によって始まった.この生物絶滅事変は,世界的な海水準の低下と寒冷化によってもたらされたと考えられている.オルドビス紀は,同紀中期での世界的な生物大放散 (オルドビス紀生物大放散事変) と,紀後期での生物大量絶滅事変の生じた興味深い時代である.

IMG_0244.JPG

中部オルドビス系,DapingianのGSSP

The Global Stratotype Section and Point for the base of the Middle Ordovician Series and the Third Stage (Dapingian)

中国湖北省宜昌 (Yichang) の北 23 km, 黄花場 (Huanghuachang) 村 (30º 51’37.8”N and 110º 22’26.5”E) に分布する,大湾 (Dawan) 層のベースから10.57 m 上位に設定されている .中部オルドビス系のベースは,コノドントBaltoniodus triangularisの初産出層準に対応する.
(参考文献) Wang, X., et al. 2009, Episodes, v. 32, p. 96-113

IMG_0239.JPG


DapingianのGSSPモニュメント.

IMG_0252.JPG

Lower Ordovician/MIddle Ordovician境界 (石碑の矢印部).

IMG_0254.JPG

カンブリア系

GSSP Cambrian.jpg

赤文字部は,以下で紹介. Modified from Peng and Babcok (2011)

01.jpg

カンブリア系 PaibianのGSSP

The Global Standard Stratotype Section and Point (GSSP) of the Furongian Series and Paibian Stage (Cambrian)

中国湖南省吉首市街 (Jisyou) の南西35 Km の排碧 (Paibi) セクション (28º23’37”N, 109º31’54”E) に分布する花橋 (Huaqiao) 層のベースから369 m 上位に設定されている.
Paibian のベースは,agnostid三葉虫Glyptagnostus reticulatusの初産出層準に対応する.
(参考文献) Peng et al. 2004, Lethaia, v. 37, p. 365-379

02.jpg

四角枠拡大

03.jpgGSSP (Paibian) 詳細
IMG_0079.JPGGSSPモニュメント
IMG_0123.JPGagnostid三葉虫Glyptagnostus reticulatus

名称未設定-1.jpg

カンブリア系 GuzhangianのGSSP

The Global Boundary Stratotype Section and Point (GSSP) of the Guzhangian Stage (Cambrian) in the Wuling Mountains, Northwestern Hunan, China

中国湖南省王村 (Wangsun) の南西4 Km (28º43’20”N, 109º57’88”E), 永順 (Youshui) 川沿いに分布する,花橋 (Huaqiao) 層のベースから121.3 m 上位の石灰岩層に設定されている.Guzhangian のベースは,agnostid三葉虫Lejopyge laevigataの初産出層準に対応し,503.0.±1 Maと見積もられている.(参考文献) Peng et al. 2009, Episodes, v. 32, p. 41-54

IMG_0278.JPG


GuzhangianのGSSPのモニュメント

IMG_0254.JPG

IMG_0252.JPG